電源の選び方

BTOパソコン > BTOパソコン・パーツの選び方 > 電源の選び方

電源の選び方 評価と比較

電源は壊れやすく、非常に重要なパーツ

電源の選択はBTOパソコンでもっとも難しい問題です。CPUを頭脳に例えると、電源は心臓にあたります。そのため、極力品質の良い電源を使うことが望ましいのですが、性能に直結しないためワット数のみ気にしがちです。

 

電源の品質は性能には直結しませんが、製品寿命に直結します。電源は意外と壊れやすいパーツで、しかも電源が壊れると他のパーツまで一緒に壊れてしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

BTOでは価格を抑えるために品質の低い安価な電源が使われることが多いので注意しましょう。
ケースについても参照下さい。

 

しかし、本当に品質の良い電源は、それだけで3~5万円してしまいます。そのため、品質とコストのバランスを考えないといけません。

比較と評価のポイント

電源を評価するポイントは、使用コンデンサのメーカーと耐熱温度、CPUやビデオカードに電力を供給する12Vラインのワット(アンペア)数、電源変換効率です。

 

エアフローを考えれば着脱可能なプラグ式かどうかも重要ですが、この辺は配線でどうとでもなるのであまり気にしなくて大丈夫です(当店にお任せ下さい!)。

 

使用コンデンサ

一番評価が高いのは日本製105℃です。逆に劣るのは海外製の85℃なんですが、日本製のコンデンサは単価が高いのでそれだけ電源の価格も高くなります。

 

大体1万円~ぐらいでしょうか。

 

コストとのバランスを考えると、105℃であれば問題ないとするべきでしょう。コンデンサの耐熱温度は製品寿命に直結するので85℃は極力避けるべきですが、一次側は発熱が低いので品質の良い電源でも85℃が使われていることがあります。

 

12Vラインのワット(アンペア)数

現在の電源の仕様では、12Vラインが消費電力の大きいCPUやビデオカードに電力を供給しています。総ワット数が大きくても12Vラインのワット数が低いと動作が不安定になったりするので、比較は総ワット数ではなく12Vラインの出力で行います。

 

例えば、総出力が620Wでも某電源の12Vラインは384Wしかなかったりします。

 

総出力が430WのCORSAIR CX430Mは12Vラインが同じく384Wになるので、某電源より総出力は少なくても実質的な性能は同等となります。

 

当店ではできるだけ出力特性の高いモデルを取り扱っています。

 

電源変換効率

電源変換効率は、消費電力に直結します。消費電力以外にも、低発熱・高寿命(熱による劣化が少ない)というメリットがあります。一番は80PLUS認証で、80PLUSは電源に対する負荷率が20%~100%のときに80%以上の電源変換効率という厳しい基準をクリアしないと認められません。

 

80PLUS認証は電源変換効率の性能を示しているものなので、認証を受けている電源は評価が高くなります。80PLUSにはスタンダード(無印)/ブロンズ/シルバー/ゴールド/プラチナ/チタンとクラス分けされており、チタンが最上級となります。

 

ワット数について

ワット数は標準構成であれば総出力が350Wもあれば十分です。

 

標準構成の消費電力実数値はアイドル 40W前後、高負荷 120W前後です(i3 4150~i7 4790Kモデル)。必要電力のほとんどを占める12Vラインは電源負荷率を70%以下に想定すると高負荷120W÷0.7=171.4W必要です。標準搭載電源の12Vラインは384Wと高出力モデルなので、各種増設も余裕です。

 

電源の変換効率は50%前後の負荷率がもっとも良いとされておりますが(12Vライン384Wなら192W)、80PLUS認証の電源なのでアイドル時の低負荷状態でも効率に優れています。

 

ただ、ビデオカードは消費電力が高いので、ビデオカードを増設する際は電源もさらに上の出力モデルに変更することをオススメします。CPU内蔵グラフィックスであれば300~350Wで十分ですね。

 

電源は負荷が強ければ強くなるほど発熱が高くなり、寿命に影響が出てきます。逆に負荷が弱ければ弱いほど発熱が低くなり設計寿命に近づくのですが、部材の耐久性もあるので60%負荷前後であればそれ以下の負荷と比較してもそれほど変わりません。

 

70%を超えてくると寿命に影響が出てきますので、60%前後を目安として選択されると良いと思います。

 

当店選択肢の電源。多くの電源を比較し、高評価のものを厳選しています。

電源の選択には非常に悩みました。新CPUであるLGA1150系にはグラフィックス機能が内蔵されており、3Dゲームなど高負荷を掛けない用途であれば省電力がトレンドとなっています。

 

しかし、電源は逆に高出力を求める傾向にあり、300~500Wの低出力モデルは生産終了が相次ぎ選択肢が少ない状態です。おそらくではありますが、価格競争が激しくなってきているので単価の取れない低出力モデルは切り捨てられている状態だと思います。

 

数少ない電源の中から標準電源にはCORSAIRの430W電源、CX430Mを採用しました。

 

コンデンサは一次側には85℃なものの日本製を搭載。メーカー3年間保証が付いており、80PLUS BRONZE認証、12Vラインも384Wと標準以上の高出力を誇ります。W数、価格、80PLUS BRONZE認証、メーカー3年保証とトータルバランスで比較するとベストバイに近いのではないかと評価しています。

 

また、CORSAIRの電源はリターンレートの低い高品質メーカーとしても有名です。

 

AntecのTPシリーズも価格と品質のバランスが取れた良い電源だったのですが、残念ながら日本への流通が細くなり、現在はEA-PLATINUMシリーズを取り扱っております。他メーカーの電源も検討したのですが、どれも決め手に欠ける状態だったので、80PLUS PLATINUMのEA-PLATINUMシリーズとしました。

 

同等な内容であればこれまでのリターンレートの実績を考慮してAntecです。リターンレートは不良や故障で返品された率なので、数字から見る品質の良し悪しではなく、口コミのような一般の評判に近いものとなります。良い部材を使っていても作りが悪いと意味がないので、口コミやリターンレートといった実際の評判も評価の大きなポイントになります。

 

ちなみに650W電源でも常に650W使用するわけではなく、必要電力+α(電源変換効率など)を使用しています。なので、容量の大きな電源を搭載しても消費電力はさほど変わりません。

 

消費電力は気にせず十分な容量の電源を選択しましょう。

 

オススメの電源BTOカスタマイズは・・・

CPU内蔵グラフィックス~GT730クラス:430W CX430M
ビデオカードGTX750クラスまで:500W CX500M
ビデオカードGTX960まで:550~650W CX500M/CX600M/RM550/RM650
それ以上:650~750W RM650/RM750
ビデオカード2枚挿し:1000W以上

 


PAGE TOP