OSの選び方

BTOパソコン > BTOパソコン・パーツの選び方 > OSの選び方

BTOパソコン OSの選び方

エディションの違い

ここでは、BTOパソコン向けに一般的なOSであるWindowsを前提にしています。現在当店ではWindows8.1がようやくWindows7を上回るようになってきました。XPとの互換性が必要であればXPモードのあるWin7 Professionalになりますが、現行のハードウェアはXPに対応していないのでXPモードがどこまで使えるのか疑問です。

 

XPモードは仮想OSとして動作するのですが、XPのドライバが提供されていない現行のハードで動くかとなると厳しく思います。ただ、メモリーの最大搭載量がWin7 HomeとProでは異なるので、Win7で多くのメモリーを搭載したいならProが必要になります。

 

Win8.1のエディションは通常なら無印で問題ありませんが、リモートデスクトップが必要であればProを選択する必要があります。

 

参考
Windows8.1 エディションの比較(マイクロソフト公式サイト)

32bitと64bitの選択

次にOSの仕様です。OSは32bitと64bitがあり、XPやVistaの頃は32bitが主流でしたが現在はもう64bitの一択状態になっています。

 

ただ、古いアプリや周辺機器は64bit版が用意されていないこともあるので過去の資産との互換性を重視するなら32bitですが、前述のように現行のハードはXPをサポートしていないので32bitにしたからといって過去の資産が動くとは限りません。ワラをも掴むつもりで32bitにするか、環境も一新するかですね。32bitはいずれ無くなると思われるのでどこかで思いきって一新する必要があると思います。

 

また、周辺機器やソフト類がWindows7/8.1に対応してないと、ブルースクリーンや再起動を繰り返すなど、まともに使える状態にならない場合があります。とくにUSBや無線LAN関係でのトラブルが多いようです。

 

お使いの周辺機器やソフト類がWindows7/8.1に対応しているかご注意下さい。

 

メモリーの最大搭載量は64bitでもWindows7のHomePremiumだと16GBに制限されます。それ以上搭載したい場合はProfessional以上が必須です。Professional以上だと上限は192GBになるので、現時点でネックになることはありません。

 

Windows8.1のメモリー最大搭載量は128GBとなっており、Professionalだと512GBになります。Windows8.1ならProfessionalでなくてもメモリーの上限を気にする必要はないですね。

 

参考

Memory Limits for Windows Releases

 

OEM/DSP版と通常版

OEM/DSP版のライセンスはBTOパソコンに紐付けられ、そのパソコンでしか使えません。パソコンを買い換えたからといって、別のパソコンにDSP/OEM版OSを移すということは基本的にはできません。OEM/DSP版はパーツ単体に紐付けられることもありますが、BTOパソコンとして一緒に販売されたOEM/DSP版は基本的にBTOパソコン全体に紐付けられます。

 

それに対し通常版はOSメディア単体にライセンスが紐付けられており、ライセンス自体は1つなものの買い換えた別のパソコンに移すことは可能です(旧パソコンのOSは消去する必要があります)。その他、OEM/DSP版は32bit/64bitのどちらか1つしかメディアが付属していないのですが、通常版は32bit/64bitの両方のメディアが付属しています。

 

通常版の方が使い勝手は良いのですが、価格が高くなるためBTOパソコンではOEM/DSP版が主流となっています。例えば、Win7のOEM/DSP版と通常版の価格差は倍ぐらいあります。ただ、Win8.1の無印はOEM/DSPと通常版の価格差がほとんど無いため、Win8.1無印のみ通常版を取り扱うようにしています。

 

価格は高くなりますがその他の通常版の取り寄せも可能なのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

BTOパソコンショップ BTO高知


PAGE TOP