ビデオカードが故障した時の典型的な症状

BTOパソコン > BTOパソコン・サポート情報 > ビデオカードが故障した時の典型的な症状

ビデオカードが故障した時の典型的な症状

ビデオカードが故障した時の典型的な症状例です。
何と呼んで良いのかわからないのですが、当店ではブロックノイズと呼んでいます。

 

 

 

 

この他にも、小さなドット欠けのような点が無数に現れるような状態も典型的なビデオカード故障の症状です。このようなブロックノイズやドット欠けのような症状の場合、パソコン自体は問題なく起動することがほとんどです。

 

また、マウスを持っていったり開いたフォルダをドラッグして窓拭きのようにノイズを拭くとそこの部分は綺麗になることもあります。おそらく再描画されることで変化するのだと思われます。

 

頻繁に現れず、再描画で無くなるぐらいのちょっとした画面の乱れはドライバ関連やOSや他プログラムとの干渉問題だったりすることもあるのですが、このように画面一杯にノイズが入っていたり、再描画を何度もしても即座に現れるようだとビデオカードの故障で間違いないと思います。

 

稀にスロットにキチンとビデオカードが挿さっていなかったり、ホコリなど異物混入で接触不良を起こして上記のような症状が出ることもあるのですが、ビデオカードを挿し直しても上記の症状が発生するようだとほぼビデオカードの故障で確定です。

 

当店購入のパソコンでこのような症状が現れた際は、お気軽にお問い合わせください。

 

BTOパソコンショップ BTO高知


PAGE TOP