HDD 2TBの壁

BTOパソコン > BTOパソコン・サポート情報 > HDD 2TBの壁

HDD 2TBの壁

HDDには通称「2TBの壁」という問題があります。旧規格では3TBを認識できない問題なんですが、これまでは3TBのHDDが一般的ではないことからそれほど問題にはなっておりませんでした。

 

1HDDの容量をあまり多くし過ぎると物理的故障のときに泣く破目になるので、リスクを分散される意味で現在当店では2TBまでしか標準では取り扱っていないのですが、3TBのHDDも一般的になってきたのでこの問題を取り上げてみようと思います。

2つの原因

まず最初になぜこの問題が発生するかですが、2TBまでのパーティションしか扱えないMBR(Master Boot Record)形式の問題と、2TBまでしか管理できない32bit LBA(Logical Block Addressing)が原因となります。

 

3TBでも2TBと1TBにパーティションを区切れば大丈夫じゃないかと思われることが多いのですが、それではMBRの問題は解決されても32bit LBAの問題は解決できていないので、結局2TBまでしか使えません。

 

2TBの壁 実例


2TB×2 RAID0の4TBを

 


MBRで初期化すると

 


勝手に2TB(2048.00GB)で区切られてしまいます。 しかも、

 


後半の1678.03GBは使用できません。

 

32bit LBAの問題を解決しない限りは、どれだけパーティションを区切っても2TBまでしか使えないのです。

 

解決方法

ではどうすれば解決するのかですが、64bit LBAに対応したGPT(GUID partition table)形式を使用すれば問題ありません。XP 64bit以降であればこのGPT形式に対応しているので問題ないのですが、XP 32bit以前は対応していないので諦めて下さい。

 


ディスクの初期化でGPTを選択すると、

 


問題なく使えます。

 

ただし、この操作はOSを入れたあとでないとできず、データドライブとして使用するには問題ないのですが、OSを入れるブートドライブに3TBを使用する場合はマザーボードのBIOSレベルでGPTに対応している必要があります。

 

旧来のBIOSはGPTに対応しておらず、次世代のBIOSであるEFI BIOSでしかGPTに対応していないのでご注意下さい。

 

当店で取り扱っているSandy Bridge用の67系マザーボードはすべてEFI BIOS搭載マザーボードとなっておりますが、それ以外のマザーボードはEFI BIOSではありません。少し前から規格としてはEFI BIOSは存在していたのですが、3TBのHDDが一般的ではなかった為に普及しておらず、67系マザーボードでようやく採用となっています。

 

2011/4 パソコンショップ BTO高知


PAGE TOP