CMPSU-650TXV2JP 12V電圧波形チェック

BTOパソコン > BTOパソコン電源電圧チェック > CMPSU-650TXV2JP 12V電圧波形チェック

CMPSU-650TXV2JP 12V電圧波形チェック

CORSAIRのスタンダード電源、CMPSU-650TXV2JPの12Vの電圧安定性をベンチマークで負荷を掛けて調べてみました。CORSAIRの電源は高品質で知られており、当店のi7 3930Kモデルでの標準電源に採用しています。

 

使用したベンチマークは3DMark06とFF14ベンチで、計測は三和電気計器株式会社のデジタルマルチメータ、PC20とデータ所得ソフトのPC Link7を使用しています。

計測個所と構成

計測個所はマザーボードの24ピンから12Vと、CPUへの電源供給用のEPS12V、ビデオカード用補助電源12Vです。
CPUはマザーボードの24ピンから電源の供給はされておらず、専用のEPS12Vから直接供給されています。ビデオカードも消費電力の高いモデルは電源から直接12Vを供給しているので3ヶ所を計測しています。

 

構成はi7 3930KにGTX560-Tiのビデオカードを付けています。

 

CMPSU-650TXV2JP 12V電圧波形


開始から赤いラインまでが3DMark06、後半はFF14ベンチで負荷を掛けた状態です。
青色=マザーボード。緑色=CPU。茶色=ビデオカード。

 


CH1=マザーボード。CH2=CPU。CH3=ビデオカード。

 

縦軸がV数。12Vで安定が望ましく、ATX電源の規格では±5%までの誤差が許容範囲となっています。とくに電圧が低いと誤動作を起こすことが多いのですが、高すぎても誤動作や故障の原因となるので、極力12Vで安定している電源が良い電源となります。

 

開始直後と終了間際は負荷が掛っていない状態。それぞれ12.07~.10V付近で安定しています。ビデオカードの電圧が一番高く、CPUの電圧が低くなっています。低負荷と高負荷時の差は少なく、とくにマザーボードとビデオカードの12Vは最大でも0.03Vと非常に安定しており、差の大きいCPUでも最大で0.07Vと安定しています。

 

消費電力自体はCPUよりもビデオカードの方が高いのですが、一番大きな落ち込みはCPUのテスト時となっています。それも落ち込んだのはCPUへの電源供給であるEPS12Vの電圧だけで、マザーボードやビデオカードの電圧は引きずられていません。

 

低負荷時の小刻みな電圧の変動も少なく、スタンダードクラスの電源でこの性能とはさすがはCORSAIRです。ただ、残念なことにCORSAIRのTXV2シリーズに搭載されたファンは回転数が高いのか他と比べてうるさいです。これでファンの音が静かなら文句なしなのですが・・。

 

騒音を気にされないようでしたらオススメの電源です。

 

2012/2 BTOパソコンショップ BTO高知


PAGE TOP