GX550W RS550-ACAAD3 12V電圧波形チェック

BTOパソコン > BTOパソコン電源電圧チェック > GX550W RS550-ACAAD3 12V電圧波形チェック

GX550W RS550-ACAAD3 12V電圧波形チェック

COOLER MASTERのエントリークラス電源、GX550W RS550-ACAAD3の12Vの電圧安定性をベンチマークで負荷を掛けて調べてみました。

 

GX550W RS550-ACAAD3

http://apac.coolermaster.com/jp/product/Detail/powersupply/gaming-gx-series/gx-550w.html

 

使用したベンチマークは3DMark06とFF14ベンチで、計測は三和電気計器株式会社のデジタルマルチメータ、PC20とデータ所得ソフトのPC Link7を使用しています。

計測個所と構成

計測個所はマザーボードの24ピンから12Vと、CPUへの電源供給用のEPS12Vです。マザーボードの24ピンはCPUへの電源供給には使われておらず、EPS12Vから供給しているので、2ヶ所を計測しています。

 

構成はi5 2500にGT430のビデオカードを付けています。

 

GX550W RS550-ACAAD3 12V電圧波形


開始から00:07:00あたりまでが3DMark06、後半はFF14ベンチで負荷を掛けた状態です。
青色=マザーボード。緑色=CPU。

 


CH1=マザーボード。CH2=CPU。

 

縦軸がV数。12Vで安定が望ましく、ATX電源の規格では±5%までの誤差が許容範囲となっています。とくに電圧が低いと誤動作を起こすことが多いのですが、高すぎても誤動作や故障の原因となるので、極力12Vで安定している電源が良い電源となります。

 

開始直後と終了間際は負荷が掛っていない状態。11.94V付近で安定しています。低負荷と高負荷時の差は0.07~0.09V前後というところ。 全体的には前半の3DMark06よりFF14ベンチの方が僅かながら差が広がっているのですが、一番の落ち込みはCPUテスト時となっています。

 

CPUテスト時の落ち込み以外は山も谷もそれほどなく、全体的に安定しています。マザーボードとCPUの電圧にも大きな剥離はなく同調しています。

 

高負荷テスト

次に、GTX560-Tiを付けて計測してみました。全体の消費電力は最大で300W前後となり、通常当店では650W電源をオススメしている構成です。負荷の強さがどれだけ電圧に影響を与えるのかについての調査です。

 

GTX560-Tiは補助電源が2個必要となり、こちらも12Vなので追加して計測しています。

 

高負荷構成の12V電圧波形


開始から00:07:00までが3DMark06、後半はFF14ベンチで負荷を掛けた状態です。
青色=マザーボード。緑色=CPU。茶色=ビデオカード。

 


CH1=マザーボード。CH2=CPU。CH3=ビデオカード。

 

低負荷時の電圧が11.90V付近とGT430時と比べて0.04Vほど落ちました。GT430時と比べると消費電力が約2倍に増えているので、これぐらいの落ち込みは許容内と思います。

 

波形の変化もGT430時と比べて大きくなり、0.13~0.15Vぐらいとなっています。前半のいくつかの山は3DMark06は各テストの切り替わり時に低負荷状態になるので、その切り替えのタイミングが影響していると思われます。GT430時はそれほど目立った山は無かったのですが、谷が深くなった分、低負荷時の戻りも目立つようになったものと思われます。

 

落ち込みはGT430時とは逆にビデオカード負荷時に大きく落ち込み、下で安定しています。電圧はマザーボードとCPUがほぼ同調しているのはGT430時と同じ傾向で、ビデオカードの電圧がもう少し低くめになっています。

 

ビデオカードが一番消費電力が高いので、そのせいだと思われます。

 

電源の傾向としてはGX450Wとほぼ同じ。容量が増えた分だけ消費電力が少ない構成では振り幅が狭まった感がします。GTX560-Tiはやはり負荷が少し強すぎですね。適正レンジでの使用であれば問題ないと思います。

 

2012/2 BTOパソコンショップ BTO高知


PAGE TOP