GX450W RS450-ACAAD3 12V電圧波形チェック

BTOパソコン > BTOパソコン電源電圧チェック > GX450W RS450-ACAAD3 12V電圧波形チェック

GX450W RS450-ACAAD3 12V電圧波形チェック

COOLER MASTERのエントリークラス電源、GX450W RS450-ACAAD3の12Vの電圧安定性をベンチマークで負荷を掛けて調べてみました。こちらはメーカー5年保証付きで当店の標準電源でもあります。

 

GX450W RS450-ACAAD3

http://apac.coolermaster.com/jp/product/Detail/powersupply/gaming-gx-series/gx-450w.html

 

使用したベンチマークは3DMark06とFF14ベンチで、計測は三和電気計器株式会社のデジタルマルチメータ、PC20とデータ所得ソフトのPC Link7を使用しています。

計測個所と構成

計測個所はマザーボードの24ピンから12Vと、CPUへの電源供給用のEPS12Vです。マザーボードの24ピンはCPUへの電源供給には使われておらず、EPS12Vから供給しているので、2ヶ所を計測しています。

 

構成はi5 2500にHD6670のビデオカードを付けています。

 

まずはマザーボードの12Vです。


開始から00:07:15までが3DMark06、後半はFF14ベンチで負荷を掛けた状態です。

 

縦軸がV数。12Vで安定が望ましく、ATX電源の規格では5%までの誤差が許容範囲となっています。とくに電圧が低いと誤動作を起こすことが多いのですが、高すぎても誤動作や故障の原因となるので、極力12Vで安定している電源が良い電源となります。

 

開 始直後と終了間際は負荷が掛っていない状態。12.1V付近で安定しています。低負荷と高負荷時の差は0.07~0.09V前後というところでしょうか。 前半の3DMark06よりFF14ベンチの方が僅かながら差が広がっており、ビデオカードへの負荷が強いことが影響しているようです。

 

前半のいくつかの山は3DMark06は各テストの切り替わり時に低負荷状態になるので、その切り替えのタイミングが影響していると思われます。

 

FF14ベンチ時は下で安定していることから、負荷の状態により電圧が変動していることが良く分かります。

 

次にCPUの12Vです。


開始から00:07:15までが3DMark06、後半はFF14ベンチで負荷を掛けた状態です。

 

波形の傾向としてはマザーボードと同様ですね。変動の幅はマザーボードよりは僅かに狭く、0.06~0.08Vといったところです。

 

負荷の変動があると電圧も変動していますが、負荷が一定で安定していると電圧も安定しています。AntecのEA-380Dより若干振り幅が広く、低負荷でも0.01V刻みで小刻みに変化することが多いですが、負荷を掛けても12Vを下回ることはなく、それなりに安定している電源と言えると思います。

 

EA-380Dと比べると差は僅かなので、これなら5年保証付きのCOOLER MASTER GXシリーズの方が良いと思います。とくに消費電力の少ない構成では振り幅も狭まる傾向にあるので、省電力構成ではGXシリーズがオススメです。

 

2012/2 パソコンショップ BTO高知


PAGE TOP