INTEL Z77/H77チップセットとZ68の違い

INTEL Z77/H77チップセット

Intelの新チップセット、Z77とH77を搭載したマザーボードが4月8日に各社から発売されました。
Z68とどこが変わったのかを見ていきたいと思います。

チップセットブロック図

Z77
http://www.intel.com/content/dam/www/public/us/en/images/product/Z77-blockdiagram_450x408.jpg
H77
http://www.intel.com/content/dam/www/public/us/en/images/product/h77-blockdiagram.jpg
Z68
http://www.intel.com/Assets/image/diagram/Z68-Block-Diagram.gif

 

まずZ77とH77チップセットの違いですが、主な違いはビデオカードの複数枚への対応とオーバークロックへの対応の有無となっています。

 

ビデオカード複数枚/オーバークロックへの対応

Z77チップセット-対応

H77チップセット-非対応

 

その他は特に違いがないので、ビデオカードの複数枚やオーバークロックをする予定がなければH77で良いと思います。

 

注意点としては、Z77チップセットでもビデオカードの複数枚は2枚のときは各×8動作となり、3枚挿しの場合は×8、×4、×4動作となることです。

 

Z68チップセットと比べると3枚挿しに対応するようになりましたが、動作レーンが落ちるのであまり意味がないように思います。

 

Z68チップセットとの違い

次にZ68チップセットとの違いです。

 

ハードウェアとしての主な違い

 

1.Ivy Bridgと呼ばれるIntel 第3世代Core iシリーズCPUに対応

CPUソケットとしては互換性があり、Z68チップセットでもIvy Bridgを使用することは可能なものの、Z77/H77は正式サポートを謳っています。

 

2.メモリーの動作クロック、1600MHzをサポート

メモリーの動作クロックはZ68チップセットでは1333MHzだったのですが、1600MHzまでサポートとなりました。Ivy Bridgが1600MHzに対応すると噂されているためと思われますが、メモリーの安定性的に1333MHzが主流となるのは変わらないと思います。

 

最近では1600MHzにネイティブで対応するメモリーも出てきましたが、これが主流になるにはまだ時間が掛ると思われます。

 

USB3.0をチップセットでサポート

Z68マザーボードではNECなど別チップを搭載してUSB3.0をサポートしていたのですが、Z77/H77はチップセットでUSB3.0を4ポートサポートしています。これに伴いUSB2.0のポート数はZ68の14ポートから10ポートに減少。
単純にZ68のUSB2.0 14ポートサポートの内4ポートがUSB3.0に変わったものと思われます。

 

機能としての追加

 

1.インテル® スマート・コネクト・テクノロジー

低電力状態でもアプリケーションを更新できるので、アプリケーション更新が高速化されます。

 

2.インテル® ラピッド・スタート・テクノロジー

休止状態からシステムを瞬時に復帰させることができます。

 

H67チップセットには搭載されなかったインテル スマート・レスポンス・テクノロジーはZ77/H77ともに搭載されています。あまり使う機会はないと思いますが、下位モデルにあたるH77にも搭載されたのは良いことだと思います。

 

参考リンク

Z77チップセット概要
http://www.intel.com/jp/Products/Desktop/Chipsets/ec-z77/z77-overview.htm
H77チップセット概要
http://www.intel.com/jp/products/desktop/chipsets/ec-h77/h77-overview.htm

 

あとはIvy Bridgの概要も早く発表して欲しいところですね。現在i3を除いて4月24日発表、4月29日発売開始と噂されています。パソコン関係は発表後、即発売のパターンが多いのですが、今回は少し間が空きますね。

 

発売が早まって発表後即発売の可能性もあると思います。

 

当店の取り扱い

 

Z77/H77マザーボードの取り扱いですが、現状Z68/H67チップセットと大きな差はないように思います。 Z68/H67マザーボードでもIvy Bridgは動き、USB3.0は別チップで対応済み。PCI-E 3.0への対応はチップセットではなくCPU側となるためです。

 

Z68/H67マザーボードは終息に向かっているのですが、Z77/H77マザーボードとの価格差が現在5000円ぐらいあるのでもう少しZ68/H67マザーボードを引っ張ろうと思います。

 

参考
Z77 P8Z77-V 当店価格 20800円
Z68 P8Z68-V/GEN3 当店価格 15800円

 

取り寄せは可能なので、新チップセットが欲しい場合はお気軽にお問い合わせください。

 

2012/4/12 パソコンショップ BTO高知

 

追記

Intel 新CPUのIvy Bridgが正式に発表されたことで当店でもZ77/H77マザーボードの取り扱いを開始しました。
また、Z68/H67マザーボードの終息に伴い、現在取り扱いはZ77/H77マザーボードのみとなっております。




お読み頂きありがとうございます。お役に立ちましたか?

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加