GeForceとQuadro CAD/Adobe

BTOパソコン > BTOパソコン・パーツ情報 > GeForceとQuadro CAD/Adobe

GeForceとQuadro CAD/Adobe

ビデオカードには3Dゲームに適したGeForceやRADEONと、CADやAdobe製品のような3Dグラフィックスに適したQuadroがあります。今回は3Dグラフィックス用のOpenGLベンチマーク、SPECviewperfと3Dゲームのベンチマーク、FF14ベンチマークを使用して、どのように違うのかを試してみたいと思います。

使用するビデオカードはエントリークラスのQuadro 600と、同価格帯のGeForce GTX560-Tiとの比較です。

まずはOpenGLのベンチマーク、SPECviewperfからです。

 

Quadro 600

 

GTX560-Ti

 

ensight-04以外の数字はすべてQuadro 600の方が上回っています。それもかなりの差ですね。

 

次に3Dゲームのベンチマーク、FF14 Highモードでのスコアです。

 

Quadro 600

 

GTX560-Ti

 

今度は逆にGTX560-Tiの方が大差で上回っています。同価格帯の製品でも向き不向きに寄ってこれだけの差が現れます。

 

おまけ FX580

ついでにQuadro 600の旧モデル、Quadro FX580のスコアです。

 

SPECviewperf

 

FF14ベンチマーク

 

こうしてみるとQuadro 600は順調に性能UPしていますね。
ビデオカードは使用方法に応じて選択しましょう。

 

2011/1 BTOパソコンショップ BTO高知

 

変更 2012/3 比較対象をGTX460からGTX560-Tiに変更


PAGE TOP