i7 3820/3960X VS i7 2700K/3770K 性能比較

BTOパソコン > BTOパソコン・パーツ情報 > i7 3820/3960X VS i7 2700K/3770K 性能比較

Core i7 3820/3930K/3960X VS Core i5 3570K/i7 2700K/3770K 性能比較

現在主要となるCPUの性能比較をしてみました。ハイエンドのLGA2011からはi7 3820/3930K/3960X、LGA1155からはi3 2100/i5 2400/2500/3570K/i7 2700K/3770Kで、使用したのは3Dベンチマークソフト、3DMark06のCPUスコアと、Windows7エクスペリエンスのプロセッサスコアです。

CPU

3DMark06

Windows7

i7 3960X 3.3GHz 8403 7.8
i7 3930K 3.2GHz 8099 7.8
i7 3820 3.6GHz 6897 7.7
i7 3770K 3.5GHz 7195 7.7
i7 2700K 3.5GHz 6942 7.7
i5 3570K 3.4GHz 6527 7.6
i5 3450 3.1GHz 6093 7.5
i5 2500 3.3GHz 6043 7.5
i5 2400 3.1GHz 5671 7.4
i3 2100 3.1GHz 3738 7.1

 

まとめ

 

i7 3820とi7 3770Kは同程度。両方ともに4コアHT対応なので、当然と言えば当然の結果です。マザーボードの性能が異なるので、メモリーを多く積みたいならX79チップセットのi7 3820がオススメですが、消費電力や発熱的にはi7 3770Kの方が良いと思います。

 

i7 2700Kとi7 3770Kとの差は3~4%ほど。体感できるほどの差ではないと思います。強化されたグラフィックス機能をどう捉えるかで価値観が変わると思います。

 

i7 3570Kとi7 2700Kの差は約6%とそこそこの差がありますね。i7 3570KはHT機能に対応していないので、その差が数字に表れています。

 

6コアCPUになると流石の性能です。やはりコア数の差は大きいようです。

 

i5 2500とi5 3450は同程度の性能となっており、価格は変わらず消費電力とグラフィックス性能はi5 3450の方が優れているのでi5 2500は当店の選択肢からは外しています。

 

2コアのCPUは当店で購入されることは非常に少なくなりました。そのためi3 2100のデータですが、4コアのi5 2400との差は約52%と大きな差となっています。ここは頑張ってi5 2400を選択されることをオススメします。

 

2012/6 パソコンショップ BTO高知


PAGE TOP