Core i3 530とi5 661のグラフィック性能の比較

BTOパソコン > BTOパソコン・パーツ情報 > Core i3 530とi5 661のグラフィック性能の比較

Core i3 530とi5 661のグラフィック性能の比較

Core i3 530とi5 661のグラフィック性能の比較をしたみたいと思います。
i3 530とi5 661のグラフィックは同じIntel HD Graphicsとなっておりますが、動作クロックに違いがあり、
i3 530は733Mhz、i5 661は900MHzとなっています。

ベンチマークには3DMark06を使用しております。ついでにCPUスコアにも注目です。
CPUのクロックはi3 530 2.93GHz、Core i5 661 3.33GHzです。

 

Core i3 530 Core i5 661


消費電力:アイドル 30~50W 高負荷 60~80W


消費電力:アイドル 50~70W 高負荷 80~100W

グラフィックス、CPU性能ともに順当な差ですね。

 

ちなみに旧オンボードチップのG45のベンチスコアも掲載しておきます。CPUにはCore2Duo E8500を使用しているので、i3/i5とCPUスコアの差にも注目です。

 

CPU:C2D E8500 3.16Ghz グラフィックス:G45チップ


消費電力:アイドル 50~60W 高負荷 80~100W

 

 

CPUのコアクロックはi3 530よりもE8500の方が高いですが、i3 530の方がCPUスコアが約1割増しとなっています。
グラフィックス性能はもっと差がありますね。

 

価格を比較すると、E8500とi3 530ではマザーボードがi3 530の方が高くなるのですが、CPUはi3 530の方が安く、
全体の構成としては価格差がほとんどないかi3 530の方が安いので、C2Dを検討されるようならi3 530がオススメですね。

 

2010/5 パソコンショップ BTO高知


PAGE TOP