汎用BTOパソコンの特徴

BTOパソコン > BTOパソコン・パーツ情報 > 汎用BTOパソコンの特徴

汎用BTOパソコンの特徴

当店オリジナルの汎用BTOパソコンの特徴の紹介です。目指したのは標準構成でも3Dゲーム以外は快適に動作するパソコンで、初心者の人が迷わないように選択肢も極力絞っています。まずは全体の構成の紹介です。

BTOパソコン

 

ケース CM690Ⅲ
OS Windows8.1 通常版
CPU Core i5 4590 3.3GHz
CPUクーラー Hyper TX3 EVO
メモリー 4GB×2枚 合計8GB CT2KIT51264BA1339
SSD 128GB CSSD-S6T128NHG6Q
HDD 1TB DT01ACA100 BOX 32MB 1プラッタ
マザーボード H97-PRO
ビデオカード CPUグラフィックス
電源 CX600M 12V-552W
光学ドライブ LG GH24NSC0 Bulk

 

上から順に紹介していきます。まずはPCケースのCM690Ⅲ。ゲーミングPCでも採用しているこのケースの特徴は冷却性と静音性のバランスに優れているところです。3Dゲームは対象外の汎用BTOパソコンですが、将来的な可能性を残して拡張性も高いCM690Ⅲを標準としています。

 

OSはWindows8.1 通常版。BTOパソコンにはWindows7の方が向いているとは思うのですが、発売から年数が経ったこともあってWindows8.1としています。操作感さえ慣れればWin7よりも軽快なOSになります。こちらは好みでWin7も選べます。

 

CPUはCore i5 4590 3.3GHzを採用。おそらく今一番コストパフォーマンスに優れたCPUではないかと思います。Core i5 4460でも良いのですが、価格差があまりないのでこちらを採用しました。負荷の低い汎用目的とはいえ、ネット閲覧だけでもCPUに負荷が掛ります。最近は重たいサイトも多くなっているのと、YoutubeもブラウザによってはCPUに強い負荷が掛るのでここは4コアを使いたいところです。

 

CPUクーラーはリテールではなくHyper TX3 EVOを搭載。これは悩んだのですが、「初心者でも不安がなく使えるBTOパソコン」を目指したので別途搭載しました。長時間負荷を掛けないような使い方ならリテールでも十分ではあるのですが、初心者もいずれは中~上級者に変わっていきます。

 

PCに依存しないライフスタイルであればここまで必要ないとは思いますが、それだともっと性能が劣るノートPCやタブレットでも十分だと思うので、汎用BTOパソコンはステップアップしていっても不満が出ないようなBTOパソコンと位置付け、別途搭載しました。

 

メモリーは8GB。16GB必要になるケースはほとんどないので、8GBで良いと思います。

 

SSDは128GB CSSD-S6T128NHG6Qを採用。汎用BTOパソコンにはあえてSSDを標準搭載としました。SSDはヘタするとCPU並みに体感が変わるパーツなのですが、容量単価が高く効果を知っていて必要な人以外はカスタマイズされないパーツだったりします。そのため、汎用BTOパソコンではあえて標準搭載として将来的にも不満が出ないような構成としています。

 

HDDは1TB DT01ACA100 BOX品。容量に余裕を持たせるのと、bulkではなくメーカー3年保証の付いたBOX品を採用しています。都市伝説かも知れませんが、その昔はBOX品とBulk品は品質が違うと言われていました。BOX落ちがBulkとする説です。

 

同じラインで製造や検査は行っていると思うので信憑性がどれぐらいあるのかはわからないところではありますが、BOX品はメーカー3年保証付きなので故障のときも安心です。

 

マザーボードはH97-PROを採用。負荷的にH97-PRO GAMERまでは必要ないものの、H97-PLUSでは不安が残るのでH97-PROとしています。マザーボードはその名の通りパソコンの母体となるので、壊れてしまうと何もできません。本来はCPUよりもマザーボードや電源にお金を掛けるべきだと思っています。

 

ビデオカードは3Dゲームは対象外としているのでCPUグラフィックスです。CPUグラフィックスでも艦これのようなブラウザゲームであれば問題無く快適に動きます。3Dゲームをしないようであればビデオカードは不要ですね。

 

電源はCX600M 80PLUS BRONZ。もっと下の容量でも良いのですが、電源は交換が面倒なパーツでもあり、将来ビデオカードを搭載しようと思ったときに電源容量のために搭載できなかったということを避けるために600Wとしています。

 

当店の汎用BTOパソコンは全体的に一つ上の汎用BTOパソコンとしています。初心者向けには2通りの考え方があり、初心者だからそれほど負荷の掛る動作はさせないだろうと最低限のスペックで安価に済ませる方法と、初心者の無茶ブリにも対応できる懐の深さを持つ一つ上のスペックにする方法です。

 

当店の汎用BTOパソコンは後者の考え方を採用しています。基本的な動作は現在トップクラスの性能となっており、3Dゲームをしたくなってもビデオカードだけ追加すれば対応可能と初心者から中~上級者へステップアップしても丸ごと買い換える必要はありません。不満やストレス少なく長く使える汎用BTOパソコンを目指した構成となっています。

 

当店の汎用BTOパソコンはこちら。 汎用BTOパソコン

 

BTOパソコン BTO高知
店長 笹岡大樹


PAGE TOP