当店の成り立ち

BTOパソコン > キャンペーンや会社概要 > 当店の成り立ち

当店の成り立ち

当店をはじめたキッカケは、僕が新たにパソコンを購入しようとしたことでした。

 

2007年当時、自作系パソコンの知識は持っていたものの、面倒なのと安価に済ませたいこともあり、Yahoo!オークションでかなりの安価で落札。構成パーツの市場価格よりも2万円ほど安く落札できたと覚えています。

 

しかし、各パーツをもう少しグレードUPさせたくて希望のパーツを知らせたところ、各パーツに付き市場価格の差額の3倍ぐらいを請求されました。つまり、標準構成は若干スペック不足にして1円から出品。安価で落札されてもパーツ変更差額を高額に設定し、利益を上げるというビジネスモデルだったのです。

 

スペック不足の標準構成のまま購入するとお得だけど、パーツを変更すると損をする仕組みです。

 

結局このときはスペック不足の標準構成で購入し、自分でパーツの交換、余ったパーツはオークションで売り捌くといった2度手間になってしまいました。

 

また、使われているパーツを確認すると型番表記のなかったメモリーや電源は案の定安物。メモリーはmemtestをクリアしたので問題なかったのですが、電源は1年を持たずに壊れてしまいました。

 

ビジネスモデルとしてはアリなのかも知れませんが、個人的にはとても誠実なビジネスとは思えません。
これは騙されたと思う人も多いのではないかと思い、もっと誠実な出品者になろうと思ったのが当店のはじまりです。

 

パーツは厳選して質の悪いものは扱わず、1円スタートではなくキチンと利益を乗せた価格からのスタート。その代わり差額は市場価格基準です。安売りが目立つオークションではスタート価格が高いこともありほとんど売れなかったのですが、当時本業は別にあったので特に問題はありません。

 

どう考えても自転車操業だろという出品者も多く、詐欺もいくつか目にしていたので安売り出品者から購入の際の警告になればそれで良いと思っていました。

 

2007〜2008年までのオークションで2出品者、自社HPで2店の詐欺を目にしています。すべてパソコン関係です。
安価で販売して最初は取引を行い評価を集め、連休前にできるだけ注文を受け、連休後の発送 or 連休で注文が込みあっていて発送に時間が掛かっていると説明して時間を稼ぎ、入金を集めドロン。

 

詐欺は大体このパターンですね。

 

その後はBTO高知の屋号で自社HPを立ち上げ、有限会社AbiStudio.comさんと共同運営の店長に相談パソコン.comがブレイクして忙しくなってきたこともあり他社の動向は注目していないのですが、おそらくは今も多くの詐欺が行われているのではないかと思います。

 

当店は最初の成り立ちを忘れず、誠実なビジネスを継続していきます。

 

パソコンショップ BTO高知
店長 笹岡大樹


PAGE TOP